SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

若桐・標準 岸和田校ブログ

若桐会・標準関西 岸和田校のブログです。
台風と入試
0
     ここ数年大阪の私立小学校の入試時期が早まってきました。今年も9月7日の賢明学院を皮切りに9月28日でほぼ終わります。もっとも11月の智辯和歌山、さらに賢明、はつしば学園の後期が控えていますのですべてが終わったわけではありません。
     入試時期を早める理由のひとつとしてとして早期の新入生の確保が挙げられますが、ここで考慮しておかないといけないのは入試時期が台風シーズンと重なるということです。事実、大阪を襲った台風21号襲来の3日後に行われた賢明学院の入試は閑散としたものでした。電気も水道も復帰していない地区が多かった堺以南の南大阪の通学者が多い当校にとっては大きな打撃だったと思います。まだ日常生活を取り戻せていない世帯にとっては入試どころではなかったはずです。
     こうなると従来通り天候が安定しやすい10月中旬という十数年前の日程に戻すべきではないでしょうか。学校の事情で入試を行うのではなく受験者の立場で考えてほしいものです。
     昨日、台風24号が発生しました。今後の進路と勢力によっては来週末に入試を予定している帝塚山学院小やはつしば学園小に少なからず影響を及ぼすかもしれません。そうならないことを祈っています。
    | - | 07:47 | comments(0) | - | - | - |
    秋期講習始まる
    0
       小学入試直前の秋期講習(前期)が始まりました。昨日からの3日間の講習ですが帝塚山学院、はつしば学園小学校を受験する年長児にとっては最後の集中授業となります。本日2日目は個別審査対策を行う予定です。個別審査対策については夏期講習から取り組んできましたが個人的に不安な点が残されています。知識面は別として声の大きさ、姿勢、視線などを総合的に点検したいと思います。
       なお、後期は10月24日〜26日に直前講習「智辯和歌山コース」を実施します。しばらくは予断を許さない日が続きそうですね。
      | - | 07:50 | comments(0) | - | - | - |
      スマホの罪
      0
         先日、中華レストランへ行った時の話です。私の横に家族4人。両親と小学校高学年と中学生くらいの男の子。オーダーを終えたのち一斉に4人がめいめいのスマホを操作。会話は一切なし。円卓を囲んでの中華料理となれば当然会話が弾むはずなのに。料理が着た後も黙々と食べながらスマホの閲覧。と言っても別段仲が悪いわけではない。それぞれに興味のあることに傾いているに過ぎないのでしょう。
         私が子どもの頃家族と外食するときは共通の話題に付き合ったものです。中には興味のない親戚の話や親の生い立ちなどを聞かされました。しかし、相手に合わすということをそこから学びました。そして人の話を聞く姿勢の基本ができたような気がします。今こうした光景に出くわすことが少なくありません。老若男女の間でこうした「コミュニケーション」が成り立っているのです。これはまさしくスマホの罪です。
        | - | 08:10 | comments(0) | - | - | - |
        連休明け
        0
           連休も終わり月末の小学入試に向けての仕上げに入ります。20日からは3日間にわたり「入試直前秋期講習」を実施します。まだ不安な口頭試問など気になるところを総点検します。帝塚山学院、はつしば学園など大阪の私立小学校を受験する年長児にとっては最後の集中授業となります。
           また、今月30日(日)には智辯和歌山小学校受験予定の本人ならびに保護者対象の模擬面接を行います。過去の質疑内容をもとに面接でのポイントを指摘し課題を提供します。
          | - | 20:24 | comments(0) | - | - | - |
          進路指導
          0
             もともと「進路指導」なんて言葉は進学だけでなく就職も含めた広義な意味です。大学進学率が高くなった現在では死語と言ってもいいかもしれません。
             高校2年生ころになると学校では理系、文系と分かれ学習する科目も選択しなければなりません。塾生たちから進路についてよく相談されますが、私は決って「大学の名前で決めるな、自分が勉強したい学部を選べ」と言います。医歯薬系や法律系、修士課程を含めた工学部などを除けば4年間の学部で勉強する内容なんて直接社会で役に立つものではないと思います。4年間の大学生活は社会人になる前に将来の自分の生き方を試行錯誤するためのものだと思います。
             ちなみに私の場合、美術大をめざしていました。以前にもふれましたが中学3年生の時、美術の課題で西洋画模写がありました。そこで、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」を描くことにしました。対角線上に配された完璧な構図と窓からの光の取り入れ方が見事でした。すべてが計算されたものでした。そしてこの絵が正門の玄関に掲示されたことが美大をめざす原動力となったのです。結果的には親や周囲から反対され美大行きは諦めたのですが未だに悔いが残っています。こうした私の経験から彼らには「自分が勉強したいこと」を優先してほしいと思います。/span>
            | - | 08:30 | comments(0) | - | - | - |